日本人の考え方 自分より相手を優先する稀な民族【坂下正憲-日本人の常識は世界の非常識-】

ブログ

坂下正憲さんという方の『日本人の物の考え方-日本人の常識は世界の非常識-』というコラムがとても面白かったので一部抜粋しながら、ご紹介しようと思います。

世界に稀な民族「日本人」

日本人は「人様に迷惑を掛けないように」と教えられ、自分よりも相手のことを考える習慣が身につき、和を乱さないようにと育てられます。
「いえいえ自分なんて…」など自分を低めて相手を高めて喜んでるのは日本人くらいです。
このように自分の意見や本音を言わないのが美徳となっている為、海外から見ると「自己主張が下手」「お人好し」ということになりますね。

海外からすると驚かれる、日本人では当たり前の行動があります。

・横断歩道で車が道を譲ってくれたら小走りする
・すれ違いざまに小さく会釈する
・列をつくって順番を守る
・NOと言えない など

全てにおいて「相手のことを考えて行っている」ことですよね。
海外では「自分>他人」なので理解されにくい部分ではあります。

コラムの中で香港に駐在していたときのエピソードがあります。

現地の乗客はたいてい出入口に近い通路側から座る。
そして次に乗車してきた客が来ると窓側に詰めないで、座ったまま体を捩って奥に入れさせる。
「そうかこの人は次に降りるのだな」と思っていると後から乗って来た人が先に降りる。
そうすると、先客はまた身を捩ってその人を通過させる。
なんて思いやりのないことをするのだと思っているとみんな同じことをしている。
それでわかったのは通路側の座席は自分が獲得した権利で、それを人に譲るなんて発想は彼らにないのである。
日本人の物の考え方-日本人の常識は世界の非常識-(坂下正憲)より引用

日本だったらどうでしょうか。
恐らく自分が窓側に詰めて席を譲るか、最初から奥に座って通路側を空けておくのではないでしょうか。
他人を優先して自然に行動していますよね。

東日本大地震の時に整然と並んで救援物資を受け取っている様子に、世界中から称賛の声が寄せられたことにもコラムでも触れていました。
海外なら我先にと物資を奪い合うなんてこともあり得るのかもしれません。

すぐ信用してしまう日本人

「嘘つきは泥棒の始まり」の教えが浸透している日本では、正直に目立つことなく、奥ゆかしくいることが美しいとされています。

香港でのエピソードで香港の友人は『「香港では小さい頃から「人を信用するな」と教えられている」』と言っていたそうで、
人を騙す事を悪い事だけど、騙される方も悪いよね、という考えなんだそうです。

百貨店でソニーのラジカセを買ったことがあるが、驚いたことに店員は化粧箱を開けてきれいにラップされた新品を取り出してきて、無造作にラップを剝してラジカセを取り出し、電池を装てんして、試聴するように言ったのである。
そして「聞こえるか?」と聞くので「聞こえる」と言うとそのまま元の箱に戻して、そのまま手渡しされたのである。
折角、新品で購入したのに包装を無茶苦茶にしてどうしてくれるのかと怒りを覚えた。
最初はわけがわからなかったが、購入した製品が不良品でなく、正常な状態で提供したということを店側としては示したかったということのようであった。
日本人の物の考え方-日本人の常識は世界の非常識-(坂下正憲)より引用

このような買い方が当たり前なのは、店側もあとからクレームをつけられても面倒くさい、客側も不良品を買わされるのではと、お互いに信用していないことがわかりますね。

日本国内では売られている商品を信用しきっており、中身を確認する習慣はありませんね。

日本の旅行ガイドブックにも載っている香港の人気アヒル料理店では、日本人向けにコース料理をのせた日本語メニューがあるのですが、これが実は単品で注文した方が安いんだそうです。

日本人は「セットメニュー=お得」と思い込んでいる為、喜んで注文しているのが現状です。

また、日本人はその場でレシート(明細書)の確認をしません。
うしろの人を待たせてしまう、接客してくれた店員さんを不快にさせてしまう、冒頭でもあった日本人特有の考え方のためです。

アメリカ人はレストランで明細書を一つずつ、時間をかけて慎重にチェックします。
多く払っていないか、お釣りは少なくないか、つまり自分が損をしていないかどうかです。
これも良くも悪くも「人を信用しない」という考えからですね。

おわりに

日本は世界から見たらとても平和な国です。
偽札を見たことがない人の方が多いですし、落とした財布が手元に戻ってくる国です。
今使っている紙幣が紙くずになってしまうなんて思うこともないですよね。
国家を信頼しているというわけではなく、疑ったことすらない、そういう民族なんだと坂下正憲さんは仰っています。

コラムの最後では…

日本人の考え方が間違っているとか良くないと言っているわけではない。
自分たちの良いところをしっかりと認識し、他の国々の人達とは考え方が違うという事を理解して欲しいのである。
繰り返しになるが、日本人は概して海外の人も日本人が考えるように考えると思いがちである。
日本人の考え方こそが世界で特異であることを理解したうえで、海外の人とつき合って欲しいと願う次第である。最後にある外国人が日本を観光して一番の魅力は日本人だと褒めてくれたことをつけ加えておく。
日本人の物の考え方-日本人の常識は世界の非常識-(坂下正憲)より引用

おっしゃる通りだと思いました。
日本国内でも言える事ですが、自分の考え方が全てではありませんよね。

そして最後の「日本の魅力は日本人だ」素敵な締め方ですね。
すごい穏やかな気持ちになれました。

ぜひコラムも読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました