【子育て中のママ必見】子どもの叱り方や言葉の伝え方を徹底解説

こどもの悩み

はじめに

子どもとのコミュニケーションにおいて重要なポイントをいくつか紹介していきいます。親や保護者として、子どもたちが自信を持ち、良好な関係を築くために、この記事で紹介されたポイントを参考にしてみてください。

一度に伝えることは1つ

子どもには興味のあることがたくさんあります。しかし、たくさんのことを同時に伝えようとすると、子どもは混乱してしまいます。それによって、何も伝わらず、子どもたちは聞き流してしまうことがあります。

「一度に一つのことを伝える」とは、子どもに対して、1つのことだけを伝えることです。たとえば、「靴を履いてね」と言ったら、それ以外のことは言わずに待ちます。子どもが靴を履いたら、「今度は上着を着てね」と次の指示を与えます。このように、子どもに1つのことをしっかりと理解してもらうためには、一度に1つのことしか伝えない方が効果的です。

また、子どもに指示を出す際には明確に伝えることが大切です。言葉を大きくしたり、ゆっくりと話したり、ジェスチャーを交えたりして、子どもが理解しやすいように工夫しましょう。こうすることで、子どもがしっかりと理解し、指示に従うことができるようになります。

はっきりとした言葉で伝える

子どもたちははっきりとした言葉で伝えられたことに対して、理解しやすく、安心感を得ることができます。一方で、曖昧な言葉や嘘をついたりすることは、子どもたちに不安や混乱を与える原因になります。

「はっきりとした言葉で伝える」とは、子どもたちに対して、曖昧な表現や嘘をつかず、はっきりとした言葉で伝えることです。たとえば、約束をする場合は「必ず明日までに作品を完成させるから、それまでに部屋を片付けてほしい」と具体的に伝えることが大切です。また、子どもたちが間違いをした場合には、優しく正しい方法を教えてあげることも重要です。

また、子どもたちが言いたいことを聞いてあげることも同じくらい重要です。子どもたちは、言葉で自分の気持ちを伝えることが難しい場合があるため、耳を傾け、寄り添ってあげることが必要です。そうすることで、子どもたちは、自分自身を受け入れることができ、安心して成長することができるでしょう。

理由を説明する

「理由を説明する」とは、子どもに何かを頼んだり何かを禁止したりするときに、その理由をわかりやすく説明することです。例えば、「お菓子は夕食後にね」と言うのではなく、「お菓子を食べるとお腹がいっぱいになって夕食が食べられなくなるから、夕食後に食べようね」と説明することが大切です。

子どもたちは大人が何かを頼んだり禁止したりする理由がわからないと、ただ単に命令されていると感じることがあります。理由を説明することで、子どもたちはなぜそのようにしなければならないのかを理解し、自主的に行動することができるようになります。ただし、子どもたちの理解力に合わせて、言葉遣いや説明の仕方を工夫することが重要です。

動作を手本として示す

子どもが身につけるべき動作や行動を、大人が実際に示すことで理解しやすくすることです。例えば、子どもに「靴を履くときは、まず右足を入れてね」と言うのではなく、大人が自分自身の靴を履く様子を見せて、どちらの足から履くか、どのように足を入れるかを手本として示すことが大切です。

子どもたちは、大人の行動を観察することで、自分自身が身につけるべき動作や行動を理解し、模倣することができます。また、大人が正しい動作や行動を示すことで、子どもたちは適切な行動を身につけることができるため、健全な成長にもつながります。しかし、注意点としては、大人が示す手本は正確であり、子どもたちが理解しやすいように説明することが重要です。

褒めることも大切

子どもの良い行動や努力を褒めることで、自信をつけさせ、次の段階に進んでいく力を育むことを指します。子どもたちは、褒められることで嬉しくなり、自分に自信を持ちます。そして、自分の行動が良かったということを知ることで、同じように行動するようになったり、もっと頑張るようになったりします。

褒める際には相手がやったことや頑張ったことに着目し、具体的な言葉で褒めるようにしましょう。「よくがんばったね」というような漠然とした言葉よりも、「お友達と仲良く遊んで、とても優しい子だね」という具体的な言葉の方が、相手に届きやすく、自信につながりやすいです。

ただし、褒め過ぎには注意が必要です。褒めすぎると子どもたちは褒められないことが何もないと思い、自己肯定感が過剰になってしまうことがあります。適度に褒めることで、子どもたちの自己肯定感を育て、健全な成長を促しましょう。

目線を合わせる

重要なコミュニケーションのひとつです。子どもと同じ目線になることで、子どもとのコミュニケーションがよりスムーズに進み、信頼関係を築くことができます。また、子どもの表情や感情をより正確に理解することができます。

例えば子どもが話しかけてきた場合には、目を合わせて話を聞くことで、子どもが自分の話に興味を持っていることを示すことができます。また、子どもが何かを訴えたいときにも、目線を合わせて聞くことで子どもが本当に伝えたいことを理解しやすくなります。

目線を合わせることで子どもとのコミュニケーションを円滑に進めることができます。子どもが話をしているときや、何かを伝えたいときには目線を合わせることを意識してみてください。

いつでも同じ言葉で伝える

最初の内は子どもに対して一貫性のある言葉遣いを心がけることです。例えば「今日は靴を脱いでね」と言ったときに、次に同じことを伝えるときには「今日は靴を脱いでくれる?」と質問形式で伝えると、子どもは混乱してしまいます。同じことを言葉で伝える際に、言葉の遣い方や使うフレーズを変えすぎないようにすることが大切です。これにより子どもは話し手の言葉を理解しやすくなり、自分が求められる行動を正しく理解することができます。

優しい言葉遣いを心がける

子どもたちは自己肯定感を高めるために、周りからの評価がとても大事です。そのため、言葉の選び方や話し方に気をつけることで、子どもたちの自尊心を育み、安心感を与えることができます。

具体的には、否定的な言葉や厳しい言葉を使わず、代わりに肯定的な言葉や温かみのある言葉を選びましょう。また、子どもたちが理解しやすいように、簡潔で分かりやすい言葉を使うことも大切です。話すときには子どもの目線に合わせたり、優しく笑顔を見せたりすることで、子どもたちとのコミュニケーションをより円滑に行うことができます。

また、子どもたちに対しては、感情的にならず冷静な対応を心がけることも重要です。怒鳴ったり叱ったりすることで、子どもたちの自尊心を傷つけてしまうことがあります。そのため、落ち着いたトーンで話すように心がけ、穏やかな態度で接することが大切です。

肯定的な言葉を使う

子どもができたことや努力を認め、褒めることで自信を育てることが大切です。子どもは自分ができないことや失敗したことに悩みやストレスを感じることがありますが、肯定的な言葉をかけることで自信を持ち、次に向けた前向きな気持ちを育むことができます。

例えば、子どもが絵を描いたときに「素晴らしい絵だね!色の使い方が上手だね」と褒めることで、その子の努力や才能を認めることができます。ただし、過剰な褒め言葉は逆効果になることもあるため、適度に褒め、達成感を味わわせることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました