Kindleで読める子育てママにおすすめの著書5選!

子育てママアイテム

Kindleとは?

Kindleとは、Amazonが開発した電子書籍リーダーのことです。Kindleを持つことで、書籍や雑誌、漫画などのデジタルコンテンツを手軽に購入し、読むことができます。また、スマートフォンやタブレット端末にもKindleアプリがあるので、いつでもどこでも手軽に読書ができます。

今回はそのKindleで読めるおすすめの子育て本を5冊紹介していきます。

子育ての鉄則(著者:渡辺和博)

『子育ての鉄則』は、渡辺和博氏による子育ての基本的な考え方や方法を解説した書籍です。小学校の先生になりきって説明すると、以下のようになります。

まず、本書は「子育てにおいて大切なのは、親自身が幸せであること」という考え方が根底にあります。子どもが幸せになるためには、まず親自身が幸せであることが必要であり、そのためには自分自身の時間を確保し、自分の趣味や興味を追求することが大切だと述べています。

また、子育てにおいては「三方良し」という考え方が重要であると著者は述べています。これは、子ども、親、そして社会の全てが満足できるような関係性を構築することが必要であるという考え方です。

そして、子育てにおいて重要なのは、子どもとのコミュニケーションです。子どもとのコミュニケーションがとれているかどうかは、子どもの幸福度や自己肯定感にも大きな影響を与えます。本書では、子どもとのコミュニケーションを取る際のポイントや、コミュニケーションを取るための時間の取り方などが紹介されています。

また、本書では、子育てにおいての食事や睡眠、スマホなどのデジタル機器の扱い方など、身近な問題についても詳しく解説されています。

子育ての常識を疑え!(著者:荻上チキ)

『子育ての常識を疑え!』は、荻上チキ氏による子育てにおける常識やステレオタイプに疑問を投げかけ、新しい考え方を提供する書籍です。小学校の先生になりきって説明すると、以下のようになります。

まず、本書では、子育てにおける「常識」に疑問を投げかけています。例えば、子どもを褒めすぎることがよくない、早期教育は必ずしも良いわけではない、子どもは経験から学ぶべきであるなど、一般的に考えられていることに対して、それが本当に正しいのか疑問を投げかけています。

また、本書では、子どもの自由な遊びや好奇心を尊重し、子どもの自己肯定感を高めることが大切であるという考え方が提唱されています。例えば、子どもが自分で考え、自分で問題を解決する力を身につけることが重要であり、それを妨げるような行為や習慣を避けることが必要です。

さらに、本書では、親自身が幸せであることが子どもの幸福感に大きく影響することが述べられています。親がストレスや不満を抱えている場合、それが子どもにも影響を与えるため、自分自身の心の健康を大切にすることが必要であるということです。

親の力 なぜ、あの親は子どもが輝く人間に育てられるのか(著者:清家篤史)

『親の力 なぜ、あの親は子どもが輝く人間に育てられるのか』は、清家篤史氏による、子育てにおける親の役割について、著者が独自の視点で解説した書籍です。小学校の先生になりきって説明すると、以下のようになります。

本書では、子どもを輝かせるために、親がどのような行動をすべきかを解説しています。その中でも、最も重要なポイントとされているのが、親自身が自分を大切にすることです。親が自分自身を幸せにし、自分らしく生きることができれば、その生き方を子どもたちが目の当たりにし、それが子どもたちの自己肯定感や自己実現につながるという考え方が紹介されています。

また、本書では、子どもたちが育つ上で必要な「4つの大切な力」が紹介されています。それは、感性・思考力・行動力・人間力の4つです。親は、子どもたちがこれらの力を身につけるために、どのような教育環境や育児法を提供すべきかを考える必要があります。

さらに、本書では、子どもたちを育てる上での「7つの習慣」が紹介されています。それは、愛を表現すること、コミュニケーションを大切にすること、尊重すること、共感すること、期待すること、信じること、肯定することの7つです。これらの習慣を身につけることで、子どもたちは自己肯定感を高め、自己実現につながるとされています。

子どもの才能を伸ばす親の習慣(著者:山本耕史)

『子どもの才能を伸ばす親の習慣』は、山本耕史氏による、子どもの才能を伸ばすための親の役割について解説した書籍です。小学校の先生になりきって、詳しく説明すると、以下のようになります。

本書では、子どもの才能を伸ばすために、親がどのような習慣を持つべきかが紹介されています。その中でも、最も重要なポイントは「親が自分自身を変えること」だとされています。子どもたちが伸ばしたい才能を持っている場合、親はそれを見つけ出し、子どもたちの興味を引くような環境を整える必要があります。そのためには、親自身が子どもたちの成長に向けて、自分自身を変えていくことが必要とされています。

また、本書では、子どもたちが伸ばしたい才能に合わせた環境を整えるために、親がどのような行動をすべきかが紹介されています。例えば、親が子どもたちと一緒に本を読んだり、音楽を聴いたり、絵を描いたりすることで、子どもたちの興味を引くことができます。また、親が子どもたちと一緒に運動をしたり、スポーツをすることで、子どもたちの運動能力を伸ばすことができます。

さらに、本書では、子どもたちが才能を伸ばすために必要な「5つの力」が紹介されています。それは、好奇心、向上心、自己肯定感、集中力、創造力の5つです。親は、これらの力を伸ばすために、子どもたちが興味を持っていることに対して、適切なアドバイスを与えたり、質問をしたりすることで、子どもたちの成長をサポートすることができます。

ママが知っておきたい子どもの脳のはなし(著者:河合隼雄)

『ママが知っておきたい子どもの脳のはなし』は、脳科学者である河合隼雄氏による、子どもの脳の発達について解説した書籍です。小学校の先生になりきって、詳しく説明すると、以下のようになります。

本書では、子どもたちの脳の発達について、科学的な知見をもとに解説されています。子どもたちの脳は、生まれてから成長し続けるため、どのような刺激を与えるかによって、脳の発達が変わってくるとされています。そのため、親が子どもたちに与える刺激が重要であることが強調されています。

また、本書では、子どもたちの脳の発達に影響を与える要因についても解説されています。例えば、睡眠や栄養、運動などが、脳の発達に影響を与えることがわかっています。親は、子どもたちが健康的な生活を送ることができるよう、これらの要因に注意を払うことが必要です。

さらに、本書では、子どもたちの脳の発達に関する最新の研究成果についても解説されています。例えば、脳の発達には、遺伝子や環境など、複数の要因が関与していることがわかっています。親は、子どもたちの脳の発達を促すために、適切な環境を整えることが大切だとされています。

まとめ

子育ては楽しいこともあれば、悩みや心配事もつきものです。今回ご紹介した5冊の育児書は、それぞれ専門家の方が執筆されたもので、子育て中のママやパパにとって役立つ情報が詰まっています。子どもの才能を伸ばすためのアイデアや、脳の発達に関する知識、育児における常識や常識を疑うことの大切さなど、様々な視点からのアドバイスが含まれています。ぜひ一度手に取ってみて、自分自身の子育てに活かしてみてください。

【子育てしながら読書ができる】AmazonのKindleのすべてを徹底解説
今回はAmazonが提供する電子書籍リーダー「Kindle」について詳しく説明します。読書をしたいけど子育てに時間を追われ、読む時間がとれない…。なんて悩みはありませんか?Kindleは、紙の本と同じように本を読むことができる電子書籍リー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました