安全性とデザイン性にこだわるならこれ!バウンサーの選び方とおすすめ3選

子育てママアイテム

育児に必要なグッズの中でも、赤ちゃんを遊ばせたり、寝かせたりするのに便利なバウンサー。最近では機能性やデザイン性にもこだわりがあり、多様な種類が販売されています。この記事では、バウンサーについて紹介し、選び方や使い方のポイントを解説します。

バウンサーとは

バウンサーは、赤ちゃんを座らせたり寝かせたりすることができる、座椅子のようなものです。ベビーシートと違って、赤ちゃんを揺らすことができるのが特徴です。揺れることで、赤ちゃんは心地よい刺激を受け、リラックスすることができます。

バウンサーの種類

バウンサーには、大きく分けて以下のような種類があります。

・手動式バウンサー
・電動式バウンサー
・ロッキングチェア型バウンサー
・固定型バウンサー
・コンパクト型バウンサー

手動式バウンサーは、赤ちゃんの体重で揺らすタイプで、操作が簡単で安価なのが特徴です。一方、電動式バウンサーは、自動で揺らしてくれるタイプで、赤ちゃんが寝たり起きたりする際に便利です。ロッキングチェア型バウンサーは、座面がグラグラ揺れるタイプで、赤ちゃんを寝かせたり遊ばせたりすることができます。固定型バウンサーは、座面が固定されているタイプで、赤ちゃんを寝かせたり遊ばせたりすることができます。コンパクト型バウンサーは、持ち運びに便利なタイプで、外出先で使えることが特徴です。

バウンサーの選び方

バウンサーを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

・耐久性
・安全性
・使いやすさ
・デザイン性
・機能性

耐久性は、長く使いたい場合には重要なポイントです。安全性については、3点式のハーネスや安全バーなど、赤ちゃんが転落しないように配慮されたものを選びましょう。また、使いやすさも重要なポイントです。例えば、操作が簡単で手軽に取り外しや洗濯ができるかどうかを確認しましょう。さらに、デザイン性や機能性については、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶことが大切です。

バウンサーの使い方

バウンサーの使い方については、以下のポイントに注意しましょう。

・新生児期から使用可能か
・使用時間の目安
・揺れ方の調節方法
・安全バーの取り付け方法
・赤ちゃんの姿勢や体重に合わせた調節方法

新生児期から使用できるバウンサーもありますが、安定感が少ないため、必ずハーネスや安全バーを使って安全に使用しましょう。使用時間については、1回の使用時間は30分程度を目安に、2時間を超えないようにしましょう。揺れ方の調節方法や安全バーの取り付け方法については、取扱説明書を確認し、正しく使いましょう。赤ちゃんの姿勢や体重に合わせた調節方法については、バウンサーの機能をしっかりと理解し、適切に調節しましょう。

おすすめのバウンサー3選

ベビービョルン バウンサーバランスソフト

ベビービョルンのバウンサーバランスソフトは、赤ちゃんが快適に過ごせるようにソフトな生地や柔らかいクッションが使われており、自然な動きを促すバランス設計や成長に合わせた多機能性が魅力です。さらに、軽量で折りたたみ可能なので、持ち運びも簡単です。

フィッシャープライス インファント・トドラーロッカー バウンサー 3Way

新生児から幼児期まで長く使える3つのモードがあり、成長に合わせて使い方が変えられます。また、バウンスやロッキングの機能があり、赤ちゃんの好みに合わせて選べます。取り外し可能なおもちゃや、洗濯機で洗えるクッションなど、使い勝手のよい機能も充実しています。さらに、最大20キロの耐荷重に対応しており、長く使えるためコストパフォーマンスにも優れています。

カトージ バウンサー ターン360°

バウンスの機能も備えており、音楽やバイブレーション機能も付いています。さらに、取り外し可能なおもちゃや、首や背中のサポートなど、赤ちゃんの成長に合わせて使い方が変えられるため、長期間使えます。洗濯機で洗えるカバーもあるため、お手入れも簡単です。コンパクトに折りたためるので、持ち運びにも便利です。

まとめ

バウンサーは、赤ちゃんを遊ばせたり、寝かせたりするのに便利なグッズです。手動式や電動式、ロッキングチェア型や固定型、コンパクト型など、多様な種類があります。選ぶ際には、耐久性や安全性、使いやすさ、デザイン性、機能性などに注目しましょう。また、使い方については、新生児期からの使用可否や使用時間、揺れ方の調節方法や安全バーの取り付け方法、赤ちゃんの姿勢や体重に合わせた調節方法などに注意しましょう。安全に使い、赤ちゃんにとって心地よい時間を過ごせるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました